39☆SMASH

映画レビュー(単館系中心)メインなブログ。コメント&トラックバック大歓迎★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松ヶ根乱射事件


vpbt-12806_p.jpg


『松ヶ根乱射事件』


++ あらすじ ++

『鈴木光太郎は、事件らしい事件が起きない松ヶ根で警察官として働いていた。
双子の兄・光(ヒカル)は家業の畜産業を気まぐれに手伝い、2人の父親はダラダラした生活と性格が災いしてついに出奔。
だが母親はそれを怒るでも悲しむでもなく、ただ放置しているのだった。
そんな松ヶ根の町に、ある日、どう見てもワケアリなカップルがやってくる。
ひき逃げ、金塊、ゆすり、床屋の娘の妊娠。
そのカップルの来訪をきっかけに、松ヶ根のバランスは少しずつ崩れ始め・・・。』
DVDirect より)


『リンダ リンダ リンダ』 で女子高生の青春を描いた山下敦弘監督による、田舎町にくすぶる少しおかしな人たちの日々をとらえたダークコメディー。
『ゲルマニウムの夜』 での好演が光る新井浩文を主演に迎え、とある地方の田舎町で起こった情けない “乱射事件” を軸に、人々の本音を見事に映し出しています。



img20070829_p.jpg


隠れていた闇の部分がジワジワと浮き出てくる、、、

冒頭のシーンは 『ファーゴ』 のあのシーン(雪の上に死体)にそっくり。
その後に登場する小学生の男の子が倒れてる女性の胸をモミモミしてたのが面白かった(笑)
『リンダ リンダ リンダ』 とは雰囲気がガラリと違った作品に仕上がってます。
超ブラック!!


img20070829_1_p.jpg


誰もが心の奥に小さな膿を持っている!!

主人公は真面目な警察官。
平和な田舎町に大きな事件なんて起こる事もなく、日々、淡々と暮らしていた。
そんな時に起きた1件のひき逃げ事件。
それが、この田舎町の闇の部分を表面に出していくこととなる。


img20070829_2_p.jpg


心の奥にたまっていた膿が爆発する、、、

ラストで主人公がとった行動が面白かった。
情けないんだけど、妙にスッキリって感じで(笑)
キム兄と川越美和さんの怪しげな雰囲気が凄く良かったと思います。
万人ウケはしないだろうけど、個人的にはなかなか好きな作品でした。


img20070829_3_p.jpg



『松ヶ根乱射事件』
2006年  日本映画  112分
●監督・・・山下敦弘
●脚本・・・山下敦弘 向井康介 佐藤久美子
●出演・・・新井浩文 山中崇 川越美和 木村祐一 三浦友和 ほか

評価は★★★(3点) 山本浩司さんが出ていなかった、、、(泣)

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 21:10:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。