39☆SMASH

映画レビュー(単館系中心)メインなブログ。コメント&トラックバック大歓迎★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青いうた ~のど自慢 青春編~


bibj-6946_p.jpg


『青いうた ~のど自慢 青春編~』


++ あらすじ ++

『故郷の青森で精一杯に生きる弟・良太と、故郷を捨てて上京した兄・達也。
そして、地元で美容師を目指す達也の彼女・恵梨香と、東京に進学した俊介。
中学卒業後、それぞれの道に進んだ4人は、挫折を経験しながらも大人への階段を一歩ずつ上りはじめる。
やがて一年が過ぎ、故郷で 「のど自慢」 が開催されることになった。
良太は卒業式で果たせなかった歌を、もう一度4人で歌うために、みんなに連絡を取りはじめるのだが・・・。』
DVDirect より)


井筒和幸監督の力作 『のど自慢』 から新たに紡がれた感動の続編。
本作には、 『3年B組金八先生』 シリーズ中で最高傑作と言わる 『PART7』 で注目を集めた3人の注目株が出演。
演技には定評のある実力派たちが揃い、新たな青春群像劇を繰り広げていきます。

【“青いうた ~のど自慢 青春編~”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/03(月) 10:56:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

裸のランチ


aebf-10123_p.jpg


『裸のランチ』


++ あらすじ ++

『小説家志望のウィリアムは、しがない殺虫剤のセールスマン。
貧しい暮らしに甘んじながらも、寸暇を惜しんで執筆を続けていた。
だが執筆活動に集中するあまり、次第に仕事がおろそかになってしまう。
妻は妻で麻薬に溺れたあげく廃人の一歩手前になってしまい、絶望したウィリアムの前に今度は麻薬捜査官がやって来る。
捜査官に連行されたウィリアムを待っていたのは巨大な虫で、彼にスパイ活動に従事するように命令する。
だがそれは自らが売り歩いている殺虫剤を使ったせいで見ている恐ろしくもサイケな妄想の世界だった・・・。』
DVDirect より)


映像化不可能と言われたウィリアム・バロウズの同名小説を、彼の熱狂的なファンであるデヴィッド・クローネンバーグがついに映像化。
クローネンバーグの自由奔放なイマジネーション世界を堪能出来る充実した内容で、ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀脚本賞、助演女優賞を受賞した他、各国の映画祭で高い評価を受けました。

【“裸のランチ”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/03(月) 10:38:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ワサップ!


bibf-7215_p.jpg


『ワサップ!』


++ あらすじ ++

『L.A.生まれのジョナサンは、パンクロックとスケボー好きのサウスセントラルのどこにでもいそうな一人の青年。
その日もスケボーで街に繰り出し、女の子2人とつるんで遊んでいた。
しかしいざ女の子たちと事に及ぼうとした瞬間、女の子の同級生(男)が入ってきていきなり殴られてしまった。
慌てて逃げたジョナサンは、偶然セレブの集まる豪華パーティーに紛れ込む。
そこで出会った人物とは・・・。』
DVDirect より)


L.A.サウスセントラルに住むラテンアメリカ系移民(ラティーノ)の少年たちの日常と青春を描く。
監督は 『KEN PARK ケンパーク』 のラリー・クラーク。
実際にサウスセントラルに暮らす少年たちを俳優に起用、音楽も現地のパンクロックを使用するなど、とことんラティーノの過激な日常を再現した大胆でクールな青春映画となってます。

【“ワサップ!”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 14:13:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

ユモレスク ~逆さまの蝶~


gnbd-1163_p.jpg


『ユモレスク ~逆さまの蝶~』


++ あらすじ ++

『勝気なエイミーといつも上の空のソニーはお互いを友達とは思っていないものの、夕方になると決まって同じ場所に集まった。
自由気ままに生きているという点で二人はつながっているのだ。
エイミーは、よく “イギー” という名前を口にするが、その存在は謎に包まれている。二人で過ごす時間には、不思議な世界が広がっていた。
そんなある夜、エイミーは “J(=ジャック・ダニエル)” と出会い、 「大人になるということ」 を意識し始める・・・。』
DVDirect より)


トップモデルの太田莉菜と、舞台や映画で活躍している美波をW主演に迎え、気鋭の若手監督・猪俣ユキが二人のみずみずしい魅力をフィルムにおさめた新感覚のガールズムービー。
村上淳やシーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠など、存在感溢れる個性派俳優が共演して脇を固めています。

【“ユモレスク ~逆さまの蝶~”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 13:40:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

舞妓Haaaan!!!


vpbf-12736_p.jpg


『舞妓Haaaan!!!』


++ あらすじ ++

『お茶屋で遊んだことはなくとも熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦は、ついに念願の京都支社への転勤が決まる。
恋人の富士子を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、 「一見さんお断り」 の壁にぶつかってしまう。
しかし会社の社長がお茶屋の常連で、仕事で実績を出した公彦はついにお茶屋デビューを果たす・・・。』
シネマトゥデイ より)


さまざまなルールやしきたりが満載の “舞妓” の世界を舞台に、クドカンこと宮藤官九郎がオリジナル脚本を手がけた人情喜劇。
舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描いています。
監督は宮藤脚本のテレビドラマ 『ぼくの魔法使い』 の水田伸生。
舞妓しか愛せない主人公を阿部サダヲが熱演。
あでやかな舞妓姿を見せた柴咲コウが、阿部&宮藤らのパンク・バンド 「グループ魂」 に参加し、主題歌を歌っていることにも注目です。

【“舞妓Haaaan!!!”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 13:09:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

dot. ドット


quiet500_p.jpg


『dot. ドット』


++ あらすじ ++

『幸せな家庭に育ち、学校ではチアリーダーでクラス1の人気者であるニーナ・ディアの家に、耳の不自由な少女ドットが養子としてやってきた。
一見、完全無欠に見えた家庭にひそむ暗い過去の秘密が、ドットの登場により徐々に暴かれ始める。
ある日、ドットはニーナが父親殺害計画を秘密裏に企んでいるという事実を知ってしまい、なんとかニーナを引きとめようとする。
その一方で、ドットも誰にも言えない秘密を抱えていた・・・。』


『24 -TWENTY FOUR-』 シリーズのエリシャ・カスバート主演で贈るエロティックサスペンス。
完全無欠に見えた家庭に潜む暗い過去の秘密が、ドットの登場により徐々に暴かれ始める様をサスペンスチックに描いています。

【“dot. ドット”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 12:54:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

赤目四十八瀧心中未遂


gnbd-1393_p.jpg


『赤目四十八瀧心中未遂』


++ あらすじ ++

『小説家だった生島与一は、人生の全てに絶望し、尼崎へと逃げ込んだ。
そこでまるで逃亡するように生活する与一だったが、同じアパートに住む綾という女と出会い、互いに惹かれあい、求め合う。
互いの存在以外に希望をなくした二人は、死に場所を求めるかのように赤目四十八瀧を登り始めた・・・。』
DVDirect より)


現代社会に順応できない男の生と死を描く。
原作は車谷長吉の同名直木賞受賞小説。
主演は 『ヴァイブレータ』 の寺島しのぶ。
本作で日本アカデミー大賞主演女優賞のほか、数々の映画賞を総なめしました。
その他、大森南朋、内田春菊、麿赤兒、赤井英和、内田裕也など、個性的な顔ぶれが揃います。
哲学性豊かな文芸大作。

【“赤目四十八瀧心中未遂”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 12:34:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

アルプスの少年 ぼくの願い事


gady-1133_p.jpg


『アルプスの少年 ぼくの願い事』


++ あらすじ ++

『幼い頃に母親が行方不明となってしまって以来、父と二人の生活を送っているトムは、父の仕事の都合で母方の祖父の元へ預けられることになる。
祖父が暮らすフランス・アルプスへとやって来たトムは、祖父に見守られ、新生活にも徐々に慣れていくことが出来た。
そんなある日、アルプスに墜落したインドの飛行機、マラバル・プリンセス号の財宝を探しに雪山に入り、そのまま行方不明になったという母の話を聞き・・・。』
DVDirect より)


フランス・アルプスの大自然を舞台に、孤独な少年が祖父に見守られて成長していく姿を描いた感動のドラマ。
大人しか行ったことがないモンブランの頂上に、友達と一緒に母を探す冒険に出掛けた主人公の少年。
彼らが見たものは・・・。

【“アルプスの少年 ぼくの願い事”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 12:12:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

暗いところで待ち合わせ


gnbd-1410_p.jpg


『暗いところで待ち合わせ』


++ あらすじ ++

『交通事故で視力を失ったミチルは父親と2人で静かに暮らしてきたが、父が突然の病でこの世を去ってしまう。
予期せぬ一人暮らしは一見穏やかだったが、不安と孤独に満ちた毎日だった。
そんなある朝、家のチャイムが鳴る。
ミチルがドアを開けると、そこには警察に追われるアキヒロが立っていた。
彼は素早く家のなかに潜り込み、それに気づかないミチルとの奇妙な同居生活を開始したのだが・・・。』
DVDirect より)


盲目の目撃者と、彼女の家に忍び込んだ逃亡者との奇妙な同居生活を描く静かなサスペンスラブストーリー。
奇想天外な発想と構成力で人気を集める乙一のベストセラー小説を、 『私立探偵 濱マイク』 シリーズの脚本などを手掛けてきた天願大介監督が映画化しています。
盲目のヒロインという難役に扮するのは、日本を代表する若手実力派・田中麗奈。
繊細で孤独な日中ハーフの青年・アキヒロを、注目度大のチェン・ボーリンが演じています。

【“暗いところで待ち合わせ”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 11:51:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:5

映画リスト (INDEX)


[評価基準]


★★★★★ ・・・ 恋は盲目
★★★★☆ ・・・ 超ヤバイ
★★★★ ・・・・・ 秀作
★★★☆ ・・・・・ 面白い
★★★ ・・・・・・・ 普通
★★☆ ・・・・・・・ 惜しい
★★ ・・・・・・・・・ 微妙
★☆ ・・・・・・・・・ 生理的にダメ
★ ・・・・・・・・・・・ 何だこりゃ
☆ ・・・・・・・・・・・ 死

【“映画リスト (INDEX)”の続きを読む】
  1. 2007/09/01(土) 21:55:26|
  2. 未分類

アヒルと鴨のコインロッカー


img20070831_p.jpg


『アヒルと鴨のコインロッカー』


++ あらすじ ++

『大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名は、奇妙な隣人の河崎に出会う。
初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。
そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた・・・。』
シネマトゥデイ より)


いま最も注目を集める人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化。
ボブ・ディランの不朽の名曲 「風に吹かれて」 にのせて、若者たちの奇妙な友情をミステリアスに描いています。
映画やテレビドラマなどで人気上昇中の若手俳優・濱田岳と瑛太がダブル主演。
共演には関めぐみ、松田龍平、大塚寧々といった人気、実力を備えた面々が顔をそろえています。
『ルート225』 で高い評価を得た中村義洋が監督を務め、巧みに構成された物語を見事に映像化しています。

【“アヒルと鴨のコインロッカー”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 21:39:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

キャッチボール屋


bibj-7222_p.jpg


『キャッチボール屋』


++ あらすじ ++

『青年タカシは、ある日突然、会社からリストラされた。
タカシはたまたま公園で出会った謎の紳士から、10分間100円でキャッチボールをする “キャッチボール屋” を任される。
そこでタカシが出会ったのは、昔の恋が忘れられないOLをはじめとする、それぞれに迷い立ち止まっている大人たち。
公園に集まる彼らとの、ゆるりとした毎日のなかでタカシの気持ちも少しずつ動き始めて・・・。』
DVDirect より)


『涙そうそう』 『ハゲタカ』 の大森南朋主演による、忙しい日々を生きる現代の大人たちに向けた、ほのぼのファンタジー。
“クスッと笑ってホッとする” 明日への勇気が湧いてくるような温かな物語に仕上がっています。
ヒロインに扮するのは、注目の女優キタキマユ。
劇場公開時に、日本プロ野球選手会と協力したことでも話題となりました。

【“キャッチボール屋”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 21:26:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

松ヶ根乱射事件


vpbt-12806_p.jpg


『松ヶ根乱射事件』


++ あらすじ ++

『鈴木光太郎は、事件らしい事件が起きない松ヶ根で警察官として働いていた。
双子の兄・光(ヒカル)は家業の畜産業を気まぐれに手伝い、2人の父親はダラダラした生活と性格が災いしてついに出奔。
だが母親はそれを怒るでも悲しむでもなく、ただ放置しているのだった。
そんな松ヶ根の町に、ある日、どう見てもワケアリなカップルがやってくる。
ひき逃げ、金塊、ゆすり、床屋の娘の妊娠。
そのカップルの来訪をきっかけに、松ヶ根のバランスは少しずつ崩れ始め・・・。』
DVDirect より)


『リンダ リンダ リンダ』 で女子高生の青春を描いた山下敦弘監督による、田舎町にくすぶる少しおかしな人たちの日々をとらえたダークコメディー。
『ゲルマニウムの夜』 での好演が光る新井浩文を主演に迎え、とある地方の田舎町で起こった情けない “乱射事件” を軸に、人々の本音を見事に映し出しています。

【“松ヶ根乱射事件”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 21:10:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

リメンバー・ミー


bbbf-7214_p.jpg


『リメンバー・ミー』


++ あらすじ ++

『カルロとジュリアの間には、もはや夫婦生活は無くなっていた。
難しい年頃を迎えた息子と娘との間にも埋めようの無い距離が生じ、表立った問題は無いものの、家族の心は離れていた。
そんな中、カルロは同窓会でかつての恋人と再会し、その後も密会を重ねるようになる。
一方、娘は芸能界に入るべく、肉体的な魅力を餌にショービジネスの世界へとのめり込んでいく。
そしてジュリアは舞台の代役を引き受けたことで、引退した女優業への情熱を取り戻し・・・。』
DVDirect より)


“イタリアの宝石” にして “エロスの女神” であるモニカ・ベルッチ主演による濃密な人間ドラマ。
『幸せのちから』 のガブリエレ・ムッチーノ監督のもと、モニカ・ベルッチが色香漂う人妻を熱演。
現代の家族が抱える問題を、それぞれの愛にまつわる物語を絡ませながら、家族の絆を軸とした群像劇として描いています。

【“リメンバー・ミー”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 20:37:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

長い散歩


gnbd-7290_p.jpg


『長い散歩』


++ あらすじ ++

『高校の校長として定年退職した安田松太郎は、教育者としての厳格さゆえに家庭では幸せになれず、妻を亡くし、娘からは憎しみを持たれていた。
そんなある日、松太郎は転居先のアパートで少女・幸(サチ)に出会う。
幸は母親から激しい虐待を受け、誰にも心を開けなくなっていた。
見かねた松太郎は幸を救い出し、彼にとって数少ない幸せな思い出が残る、とある山を目指して旅に出る。
だが、幸の母親が警察に届け出たことで、松太郎は誘拐犯として追われる身になってしまい・・・。』
DVDirect より)

モントリオール世界映画祭でグランプリに輝いた、観る者の魂を震わせる愛と優しさに満ちた再生の物語。
奥田瑛二監督が “幼児虐待” をモチーフに、孤独な老人と少女の心の交流を通して、人間本来の優しさと愛情を描き出しています。
主演の名優・緒形拳をはじめ、天才子役の杉浦花菜や虐待する母親役を体当たりで演じた高岡早紀など、豪華キャスト陣が作品に深みを与えている。

【“長い散歩”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 20:10:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

イカとクジラ


d112104042_p.jpg


『イカとくじら』


++ あらすじ ++

『かつては人気作家だったが今は落ち目のバーナードと、新進気鋭の作家ジョアンの夫婦は離婚を決意した。
そのため、2人の子どもで16歳のウォルトと12歳のフランクは、父親と母親の家を行き来するややこしい生活を余儀なくされる・・・。』
シネマトゥデイ より)


アカデミー賞で脚本賞にノミネートされたほか、各映画賞を席巻した人間ドラマ。
作家同士の両親の離婚を機に、父と母の家を往復する生活を余儀なくされる兄弟の心情を綴っています。
監督は 『ライフ・アクアティック』 の脚本家ノア・バームバック。
出演は 『グッドナイト&グッドラック』 のジェフ・ダニエルズ、 『ミスティック・リバー』 のローラ・リニーら。
シリアスな状況を独特のユーモアでくるんだ監督の語り口と、実力派キャストによる繊細な名演が見どころ。

【“イカとクジラ”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 19:44:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

めぐみ -引き裂かれた家族の30年


gady-1121_p.jpg


『めぐみ -引き裂かれた家族の30年』


++ あらすじ ++

『1977年11月15日の朝。
いつものように登校した当時13歳の少女・横田めぐみさんが、忽然と姿を消した。
横田さん一家は行方不明になっためぐみさんを探しながら、ひたすら彼女の無事を祈り続けた。
やがて、この失踪事件が、 “北朝鮮拉致事件” に関わっていることが判明する。
めぐみさんの失踪から30年。
強い怒りや深い悲しみに包まれながらも、横田さん一家はめぐみさんの無事を信じ続け、果てしない闘いの日々に身を投じている。
そんな横田さん一家の懸命な姿は、やがて国家も動かしていき・・・。』
DVDirect より)


ジャーナリスト夫妻のクリス・シェリダンとパティ・キムが作り上げた感動と衝撃のドキュメンタリー。
夫妻は横田さん一家の愛と勇気を知らせたいという一心で製作に取り組み、製作総指揮にはアカデミー賞受賞監督のジェーン・カンピオンも参加。
政治ではなく、 “親の愛” をテーマに北朝鮮問題を描いた本作はハリウッドからも注目され、数々の映画祭で絶賛されました。

【“めぐみ -引き裂かれた家族の30年”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 19:28:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

図鑑に載ってない虫


big_p.jpg


『図鑑に載ってない虫』


++ あらすじ ++

『月刊 「黒い本」 の美人編集長から仮死体験ができるという謎の “死にモドキ” を探し、死後の世界をルポするよう依頼されたルポライターの “俺” 。
締め切りに間に合わなければ半殺しにすると言われた彼は、アル中のオルゴール職人エンドーを相棒にしぶしぶ旅に出る・・・。』
シネマトゥデイ より)


謎の “死にモドキ” を探し、奇妙な人々と出会うロードムービー。
監督は 『イン・ザ・プール』 など、脱力系のコメディスタイルで人気の三木聡。
主人公のルポライターを 『ハチミツとクローバー』 の伊勢谷友介、彼と旅をともにするリストカット・マニアの元SM嬢を 『バベル』 でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊地凛子が演じています。
三木監督らしい笑いの世界と、何が飛び出すか分からない予測不可能なストーリー展開が楽しめる。

【“図鑑に載ってない虫”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 18:51:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

グアンタナモ、僕達が見た真実


img20070704_p.jpg


『グアンタナモ、僕達が見た真実』


++ あらすじ ++

『パキスタン系イギリス人のアシフ、ローヘル、シャフィクは、パキスタン旅行に向かった。
アシフたちはそこで、米軍の侵攻によるアフガニスタンの惨状を耳にする。
無視できない現実を自分たちの目で確認しようと国境越えを決意したアシフたちは、やがて戦闘に巻き込まれ、タリバン兵に間違われてアメリカ軍に拘束されてしまう。
収容所に入れられたアシフたちは、英語を話したことから今度は国際テロリストの容疑をかけられ、キューバの米軍基地・グアンタナモへ送られてしまう・・・。』
DVDirect より)


無実の青年たちがテロリストと見なされ、2年以上も米国基地に拘束された衝撃の事件をベースにした社会派ドラマ。
イラク戦争の引き金となった “アフガニスタン侵攻” が生み出した悲劇を軸に、青年たちが自由を手に入れるまでの真実の物語を描いたことで各国で話題となりました。

【“グアンタナモ、僕達が見た真実”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 18:23:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

HAZARD ハザード


gnbd-1414_p.jpg


『HAZARD ハザード』


++ あらすじ ++

『日本で退屈な学生生活を送っていたシンは、ある日、大学の図書館で 「地球の危険な歩き方」 という本に巡り会う。
そこにはニューヨークの犯罪都市・HAZARDについて書かれてあった。
日本を飛び出そうと決意したシンは、単身ニューヨークへと旅立つ。
みずから危険を求めてニューヨークをさまよううちに、シンはリーとタケダという、地元では名の知れたギャングスターたちに出会った。
狂気と背中合わせの日々を夢見ていたシンは、彼らと付き合うようになるのだが・・・。』
DVDirect より)


オダギリジョーを主演に迎えたドキュメンタリータッチのスタイリッシュな青春ドラマ。
『自殺サークル』 『紀子の食卓』 で国際的な名声を得た鬼才・園子温監督が、ほぼ全編に渡ってニューヨークのブルックリンやハーレム地区でのロケを敢行。
手持ちカメラの使用や、1シーン1カットの多用により、緊張感とスピード感のある映像を作り上げています。

【“HAZARD ハザード”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 17:51:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ガイドライン


このブログについてのガイドラインを作ってみました。


★★ このブログについて ★★

39☆SMASH は映画レビューがメインのブログです。
マニアック映画に偏りがちではありますが、洋画・邦画問わずレビューしていくつもりです。
好きな俳優(女優)・監督が関係してる作品に関してのレビューは、かなりヒイキ目のレビューになっているであろうとは思いますが、その辺はご了承下さい(笑)

ネタバレに関しては事前に報告するようにはしていますが、無意識にネタバレ的コメントをしていたりもしますので、くれぐれもレビューを読む際はお気をつけ願います。
またグロ画像もたまに掲載しておりますので、そちらも苦手な方は注意して下さいね・・・!!

★★ 作品評価について ★★

39☆SMASH では10段階で作品を評価しております。
基本的に評価は甘め。


★★★★★ ・・・ 恋は盲目
★★★★☆ ・・・ 超ヤバイ
★★★★ ・・・・・ 秀作
★★★☆ ・・・・・ 面白い
★★★ ・・・・・・・ 普通
★★☆ ・・・・・・・ 惜しい
★★ ・・・・・・・・・ 微妙
★☆ ・・・・・・・・・ 生理的にダメ
★ ・・・・・・・・・・・ 何だこりゃ
☆ ・・・・・・・・・・・ 死


観終わった直後に受けた印象で採点しますので、のちに他の方の意見を聞いて評価が変わる事もあります(笑)
ロマンチッカーな管理人なので、青春系や胸キュン系作品には評価が甘くなりがち。
また、相当マニアックな作品に高評価を付けたりもしてますので、このブログの評価はあまり参考にはならないかと思われます。

★★ トラックバックについて ★★

記事に関連する内容ならば基本的にウェルカム!!
言及リンクやコメントがなくても全然OKです。
古い記事にでも構いませんので、ガンガン送っちゃって下さい。

めんどくさがりな管理人なので、トラックバックのお返しはしたりしなかったりになりそうです(汗)
こっちからの返信トラバはあんまり期待しないでね、、、
でも、トラバして下さった方のブログへは必ず遊びに行かせてもらいます。

エロや商業目的のトラックバックは強制的に削除させて頂きますので悪しからず。

★★ コメントについて ★★

大歓迎です!!
コメントを通じてお友達になれたら最高です。
短くても、くだらない内容でも大いに結構(笑)

★★ リンクについて ★★

基本的にリンクフリー。
はるもはがすも自由にどうぞ。
報告もいりません。


こんなカンジでチマチマと活動していきますので(笑)
今後とも、39☆SMASHをどうぞヨロシクお願いします。
  1. 2007/09/01(土) 15:59:06|
  2. 未分類
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。