39☆SMASH

映画レビュー(単館系中心)メインなブログ。コメント&トラックバック大歓迎★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホステル


img20070427_p.jpg


『ホステル』


++ あらすじ ++

『刺激を求めバックパッカーをしながらヨーロッパを旅するアメリカ人大学生ジョッシュとパクストン。
途中、旅先で意気投合したアイスランド人オリーも加わり、3人は各地の快楽街に入り浸る旅を続けていた。
そんなとき、東欧の田舎町にある “ホステル” には男たちが求める快楽がすべて手に入るという噂を耳にする。
期待を胸に3人はその噂の “ホステル” へ向かう。
噂は本当だった。
しかし、夢のような日々に溺れる3人に、驚愕の事実と想像を絶する恐怖が待ち受けているのだった・・・。』
DVDirect より)


ヨーロッパを旅するバックパッカー達が恐怖のどん底に陥れられるホラー映画。
見知らぬ街を訪れた若者達が次々と失踪し、むごたらしく拷問され殺されていく様を追っています。
無邪気な青年から一転、死の恐怖に直面しても諦めずに戦う男を 『ワールド・トレード・センター』 のジェイ・ヘルナンデスが熱演。
『キャビン・フィーバー』 のイーライ・ロスが脚本と監督を担当し、一気にその才能を開花させました。
監督の依頼でちらりと登場する三池崇史監督の姿も必見。

【“ホステル”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/27(木) 11:36:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

ベニーズ・ビデオ


dxds-57_p.jpg


『ベニーズ・ビデオ』


++ あらすじ ++

『屠殺される豚の映像に影響された少年ベニーは、内に起こる衝動を抑えることが出来ずに行きずりの少女を殺してしまった。
だが、殺人という大罪を犯したにも関わらず、平常心を失わないベニー。
そんな息子の罪を知って両親はある選択をするが・・・。』
DVDirect より)


『セブンス・コンチネンント』 で映画監督デビューして以降、その独特の世界観と作風でカンヌをはじめとする国際映画祭で高く評価されているミヒャエル・ハネケ監督。
理不尽な殺人事件を起こしてしまった少年と彼を守るために非道な策をとる両親を描き、不条理な世界を浮き彫りにした衝撃的な作品。
シリーズ第2弾。


*以下、少しだけネタバレです、、、

【“ベニーズ・ビデオ”の続きを読む】

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/20(木) 11:33:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:5

裸のランチ


aebf-10123_p.jpg


『裸のランチ』


++ あらすじ ++

『小説家志望のウィリアムは、しがない殺虫剤のセールスマン。
貧しい暮らしに甘んじながらも、寸暇を惜しんで執筆を続けていた。
だが執筆活動に集中するあまり、次第に仕事がおろそかになってしまう。
妻は妻で麻薬に溺れたあげく廃人の一歩手前になってしまい、絶望したウィリアムの前に今度は麻薬捜査官がやって来る。
捜査官に連行されたウィリアムを待っていたのは巨大な虫で、彼にスパイ活動に従事するように命令する。
だがそれは自らが売り歩いている殺虫剤を使ったせいで見ている恐ろしくもサイケな妄想の世界だった・・・。』
DVDirect より)


映像化不可能と言われたウィリアム・バロウズの同名小説を、彼の熱狂的なファンであるデヴィッド・クローネンバーグがついに映像化。
クローネンバーグの自由奔放なイマジネーション世界を堪能出来る充実した内容で、ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀脚本賞、助演女優賞を受賞した他、各国の映画祭で高い評価を受けました。

【“裸のランチ”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/03(月) 10:38:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

HAZARD ハザード


gnbd-1414_p.jpg


『HAZARD ハザード』


++ あらすじ ++

『日本で退屈な学生生活を送っていたシンは、ある日、大学の図書館で 「地球の危険な歩き方」 という本に巡り会う。
そこにはニューヨークの犯罪都市・HAZARDについて書かれてあった。
日本を飛び出そうと決意したシンは、単身ニューヨークへと旅立つ。
みずから危険を求めてニューヨークをさまよううちに、シンはリーとタケダという、地元では名の知れたギャングスターたちに出会った。
狂気と背中合わせの日々を夢見ていたシンは、彼らと付き合うようになるのだが・・・。』
DVDirect より)


オダギリジョーを主演に迎えたドキュメンタリータッチのスタイリッシュな青春ドラマ。
『自殺サークル』 『紀子の食卓』 で国際的な名声を得た鬼才・園子温監督が、ほぼ全編に渡ってニューヨークのブルックリンやハーレム地区でのロケを敢行。
手持ちカメラの使用や、1シーン1カットの多用により、緊張感とスピード感のある映像を作り上げています。

【“HAZARD ハザード”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/01(土) 17:51:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。