39☆SMASH

映画レビュー(単館系中心)メインなブログ。コメント&トラックバック大歓迎★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コード・アンノウン


dxds-59_p.jpg


『コード・アンノウン』


++ あらすじ ++

『映画女優アンヌのもとに、恋人の弟ジャンが家出して転がり込んできた。
だが、ジャンの家出の原因が父親との諍いにあると知ったアンヌはジャンを咎める。
アンヌに叱責されたジャンは、その腹いせに路上の物乞いにゴミを投げつけるが、今度はそれを黒人の青年に見咎められてしまい、とうとう警官まで出動する騒ぎになってしまった・・・。』
DVDirect より)


ヨーロッパ映画界の巨匠、ミヒャエル・ハネケ監督による群像劇。
女優アンヌ、アンヌの恋人、その弟のジャン、物乞いをする女性、黒人青年。
彼らを巡る5つのエピソードが平行して、断片的に描かれています。
作品の冒頭とエンディングに登場する聾唖の子供が、作品のテーマを象徴的に暗示しています。
2000年カンヌ国際映画祭にて人道賞を受賞。
また、CSチャンネルのシネフィル・イマジカで “もう1度見たい直輸入映画” リクエスト第1位に輝いた佳作である。
シリーズ第4弾。

【“コード・アンノウン”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/12(水) 13:18:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:79

薬指の標本


bbbf-7092_p.jpg


『薬指の標本』


++ あらすじ ++

『若さと無防備な空気を持つ21歳のイリスは、ある日、働いている工場の事故で薬指の先端を失ってしまう。
その事故がきっかけとなり、イリスは仕事を辞めて近隣の港町へ引越した。
やがてイリスは、 “人々が永遠に遠ざけたいと思う品々” が持ち込まれる標本室で働くことになった。
間もなく、イリスと標本製作士との間に特別な関係が生まれ、イリスは彼から一足の靴をプレゼントされるのだが・・・。』
DVDirect より)


人気作家・小川洋子の、静寂とフェティシズムあふれる同名小説を完全映画化。
古びてはいるものの、独特の雰囲気を持つ標本室を舞台に、若く美しい女性と謎めいた初老の男が大人のための童話とも言うべき密やかな愛の物語を繰り広げていきます。
主演は、 “フレンチロリータ” と称されるスーパーモデルのオルガ・キュリレンコ。
若さゆえの無防備さと美しさを発揮し、その見事な肢体を余すところなく披露しています。

【“薬指の標本”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/12(水) 11:50:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:5

ゲルマニウムの夜


img20070607_p.jpg


『ゲルマニウムの夜』


++ あらすじ ++

『とある教会の教護院に、青年・朧(ロウ)が舞い戻ってきた。
ゲルマニウムラジオから流れてくる “神の声” を聞きながら、暴力に身をゆだね、冒涜の限りを尽くしていく朧。
彼の壮絶なまでの振る舞いは、宗教を試し、神の存在を問う行為なのか・・・。』
DVDirect より)


花村萬月の芥川賞受賞小説を、荒戸源次郎の製作総指揮で映画化した壮絶なる人間ドラマ。
荒戸プロデューサーが上野公園東京国立博物館の敷地に専用劇場を開設し、8ヶ月に渡るロングラン上映を行ったことでも話題になりました。
主演は、 『血と骨』 の新井浩文。

【“ゲルマニウムの夜”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/04(火) 10:57:49|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

神の左手 悪魔の右手


db-33_p.jpg


『神の左手 悪魔の右手』


++ あらすじ ++

『小学生のソウには、 “人間の悪意を夢で予知する” という不思議な力があった。
「自分の死を予知する夢を見た」 というソウの話を大人たちは全く信じなかったが、姉のイズミだけは耳を傾ける。
やがてソウの夢に、 「寝たきりの娘に自作の絵本を読み聞かせる父親」 が現れる。だが、その男の優しげな表情とは裏腹に、彼が娘に読み聞かせる絵本は、少女たちが次々に惨殺されていくという恐ろしい内容だった。
やがて悪夢は現実へと繋がり、ソウの体にも異変が起きて・・・。』
DVDirect より)


ホラー漫画界の奇才・楳図かずおの伝説的ホラーコミックを、 『DEATH NOTE デスノート』 の金子修介監督が実写映画化。
美少女たちが惨殺されるという忌まわしい童話が、現実の出来事になっていく恐怖を描いています。
渋谷飛鳥や清水萌々子の力演も光る衝撃のスプラッターホラー。

【“神の左手 悪魔の右手”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/04(火) 10:45:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

暗いところで待ち合わせ


gnbd-1410_p.jpg


『暗いところで待ち合わせ』


++ あらすじ ++

『交通事故で視力を失ったミチルは父親と2人で静かに暮らしてきたが、父が突然の病でこの世を去ってしまう。
予期せぬ一人暮らしは一見穏やかだったが、不安と孤独に満ちた毎日だった。
そんなある朝、家のチャイムが鳴る。
ミチルがドアを開けると、そこには警察に追われるアキヒロが立っていた。
彼は素早く家のなかに潜り込み、それに気づかないミチルとの奇妙な同居生活を開始したのだが・・・。』
DVDirect より)


盲目の目撃者と、彼女の家に忍び込んだ逃亡者との奇妙な同居生活を描く静かなサスペンスラブストーリー。
奇想天外な発想と構成力で人気を集める乙一のベストセラー小説を、 『私立探偵 濱マイク』 シリーズの脚本などを手掛けてきた天願大介監督が映画化しています。
盲目のヒロインという難役に扮するのは、日本を代表する若手実力派・田中麗奈。
繊細で孤独な日中ハーフの青年・アキヒロを、注目度大のチェン・ボーリンが演じています。

【“暗いところで待ち合わせ”の続きを読む】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/09/02(日) 11:51:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:5
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。